小児向けバーチャル福祉機器展「Future Standard Hub」が開催決定!

【Future Standard Hub -バーチャル福祉機器展-】
Future Standard Hub(フューチャー・スタンダート・ハブ/以下、FSH)はオンラインで開催される小児向けバーチャル福祉機器展です。今年は新型コロナウィルスの影響で多くのイベントがキャンセルに…。障害児者の生活を支える福祉機器に関する情報が手に入りにくくなっています。そこでNPO法人Ubdobeは、外出不要・いつでもどこでもアクセス出来る福祉機器情報プラットフォーム開発に向けて、ユーザーが気軽に参加できるバーチャル福祉機器展「FSH」を先行イベントとして行います。障害児者の生活がさらに豊かになる未来のスタンダードを創ります。
 
通常の福祉機器展では
「メーカーさんが忙しそうで話しづらい」
「ブースがたくさんあって子どもと一緒に周るのが大変」
「開催場所が物理的に遠くて行けない」
などの不便さがありました。
このような障壁も、FSHのオンライン開催で解決!
 
「でもオンラインだと実際に商品を触るデモができないんじゃない?」
という声にお応えするため、FSHが商品デモ実施のサポートも致します。
今までアクセスしづらかった地方在住のユーザーにも、柔軟にデモンストレーション用の商品をお届けすることが可能です。
ユーザーにもメーカーにもうれしい未来のスタンダード空間。
あなたや家族の生活・人生をワンランクアップするモノに出会える拠点、
それがFuture Standard Hubです。
 
■公式ウェブサイト / Website
■出展メーカー一覧 / Exhibitors
■日時 / Date
2020年09月05日(土) ・06日(日)
14:00 START 16:00 CLOSE
 
■出展企業(一覧)
・ギフモ株式会社
・株式会社TESS
・タカノ株式会社
 
■出展企業受付中
メーカー出展料3万円~
出展お申込期限:2020/08/07(⾦)
開催概要詳細や出展料など出展概要書はこちらよりダウンロードいただけます。
※プレミアムプランでの出展受付は終了しています。
 
出展申し込みはこちら
■一般参加者定員 / Capacity
各日先着150名(計300名)
来場無料
※事前の参加申込必須
 
■一般参加お申し込み方法 / Ticket
Peatixによる事前申込(無料)
 
■会場 / Venue
オンライン
※お申し込みいただいた方にURLをお送りします。
Remoというオンラインツールを使用するため、
インターネット環境に接続したパソコンからご参加を推奨します。
※Remoとは
テーブルを自由に移動しながら会話できるウェブ会議システムです。
参加者はウェブ上のテーブルを自由に移動しながら、
そのテーブル内にいるメンバーとビデオで会話することができます。
Remo公式ウェブサイト:https://remo.co/conference/ 
 
■タイムテーブル / Time Table
14:00-14:10 オープニングトーク(10分)
14:10-15:00 各福祉機器メーカーのブース・回遊タイム(50分)
15:00-15:25 全参加者に向けた商品プレゼンタイム(25分)
        ※プレミアムプランのメーカー様限定企画
15:25-15:55 各福祉機器メーカーのブース・回遊タイム(30分)
15:55-16:00 クロージングトーク(5分)
 
■主催・企画・制作:NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
 
■お問い合わせ先:NPO法人Ubdobe(ウブドベ) 本部事務局